DORA麻雀 料金 ゲーム代

DORA麻雀にかかる料金(ソフトウェア・ゲーム代)

DORA麻雀は無料でダウンロードでき、ゲーム本体の代金(利用料)はありません。

 

ただし賭け麻雀対局に参加する場合に、賭け金は必要です。そして賭け金に小額の場代が含まれます。場代は勝った時のみ支払う様になっているのが特徴です。

 

DORA麻雀の料金・ゲーム代(賭け麻雀に必要な費用)
ソフトウェア

無料

ソフトウェアは無料でダウンロードできます
ゲーム代

無料

練習モードや、お金を賭けない対局などは無料で遊べます
賭け金

有料

賭け麻雀をする場合は、「自分が賭けるお金」が必要です。賭け金には少額の場代が含まれます。(勝った場合にプラスになった分の約10〜15%)

 

DORA麻雀の場代について

DORA麻雀は基本的に雀荘と同じ様に、プレイヤーから支払われる場代を元に運営されています。

 

このため有料プレイ(賭け麻雀)に参加する場合は場代を支払います。これがDORA麻雀の実質的なゲーム代とも言えます。

 

ただしDORA麻雀の場代は珍しいシステムで

  • 勝ったプレイヤーしか支払う必要がない
  • 少額(差し引きプラス分の10〜15%のみ)

というのが特徴です。

 

場代のイメージ【1000円レート卓(仮)の場合】

 

分かりやすく「レート1000円卓」と仮定して考えてみましょう。

 

おおまかなイメージですが、レート1000円なら4人の賭け金の合計は4000円、場代10%とすると、だいたい「400円」です。

 

だから、4人で「400円」の場代をDOAR麻雀に支払って、残りの「3600円」をプレイヤー同士で取り合うようなイメージです。
(場代は「プラスになった人の利益の10%」なので、実際はもっと安いです。)

 

料金・場代はプラスになった勝者のみ払います

上にも書きましたが、場代はプラスになった勝者の利益の中から支払われます。マイナスになった人は場代は取られません。

 

ドラ麻雀の場代

プラスのプレイヤー プラス分の10〜15%を場代として支払う

(東風戦:10% /半荘・一局のみ:15%)

マイナスのプレイヤー なし(場代はかからない!)

 

 

勝ち分の10〜15%ですから安いのではないでしょうか。
仮に2万円勝ったら、2000〜3000円払うイメージです。(1000円しか勝てなかった場合は100円ぽっちです)

 

雀荘だと半日打てば軽く2000円はかかります。ドリンク代や食費もかかるので、気づいたら結構お金が飛んでたりしますね。

 

また雀荘では場代は負けても場代は支払うのが普通です。しかしドラ麻雀では負けた場合は場代がかかりません。これは大きいですね。リスクはかなり軽減されます。

 

↓↓ DORA麻雀の無料登録はこちら ↓↓

 

→次の記事「ドラ麻雀のレートや賭け金精算方法」に進む。

 

 

DORA麻雀の料金・ゲーム代について関連ページ

DORA麻雀の賭け金精算

TOP DORA麻雀とは 賭け麻雀までの手順 登録方法 入金方法